ライフワークであるサックス関連のおはなしと、
日々の生活で気づいたことなどをつらつらと書き溜める場所
 
<< 左右独立エアコンと純正ナビ | main | 学習機能つきオートマ >>
淡路のフェスティバル





淡路島で2年に1度行われている、サクソフォンフェスティバルに参加してきました。


主催者の淡路の人たちと、音楽監督の長瀬さんの人柄でしょうか?のんびりとそしてあたたかい雰囲気に包まれているイベントなので、いつも楽しみにしているのです。


もちろん、食べ物(特にオサカナ)が本当に美味しいというのもとても重要なポイントではありますが。


ニフティのパソコン通信からの知り合いも集合するので、ちょっとした同窓会の雰囲気もありますし、若手プレーヤーが発表する情報発信の場でもありますね。





プロステージを少し聴かせていただきました。


岡山のラージアンサンブル、若さあふれるエネルギッシュな演奏でした。
ちょっと荒削りな部分も感じましたが、これからも継続して活動していかれれば、どんどん楽しくなりそうです。


長瀬さんのアルトソロ、久しぶりに聴かせていただきました。

甘い、メロウなサウンドは、会場を包み込むあたたかさを感じましたね。若手とは一味違った、心地よい空間の使い方がとてもよかったです。




今回は、大阪と地元の知り合いにコーディネートしてもらい、食も色々と堪能することができ、音楽活動復活にも弾みがつく、収穫の多いイベントでした。


次回?は、ラージアンサンブル以外にも、何か挑戦したいですね。




【2008.03.08 Saturday 13:59】 author : sax-ist
| サックスや音楽のこと | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする