ライフワークであるサックス関連のおはなしと、
日々の生活で気づいたことなどをつらつらと書き溜める場所
 
<< (ファミリー向け)コンサートのお知らせ | main | パバロッティさんが死去 71歳 >>
人材ビジネスのトリック―改革つぶしの常套手段
著者は以前の会社でちょっとだけ上司だった方で、その後人事、人材開発のスペシャリスト(Human Resourceコンサルティング)となりました。

最近この本を出版されたと連絡がありましたので、早速読ませていただき、ちょっとだけレビューさせていただきました。


人材ビジネスのトリック
人材ビジネスのトリック―改革つぶしの常套手段
永島 清敬
(暗黙を含め)企業内におけるさまざまな「規制」が、改革を阻害する要因となっているとこいうことを、外部コンサルティングという立場から大胆な切り口で解説しています。
 
また、「パロマ事件」「不二家事件」などの具体的な事例からもわかりやすく紐解いていますので、人事担当、組織統括の立場の方でなくとも、興味を持って読んでいただける内容でしょう。


主な見出し

・企業の規制とは
・部門別「規制」の実態
・実例で検証する「規制」の実態
・人事制度における「規制」
・「聖域なき」規制改革の断行



【2007.07.31 Tuesday 14:48】 author : sax-ist
| お仕事に関すること | comments(1) | - | - | - |
この記事に関するコメント
私も読ませていただきました!大変興味深く、是非企業経営者や人事部の皆様に読んでいただきたい1冊です!長島先生はその他、社員教育・研修などのセミナーなどもやっていらっしゃるようですのでこういうセミナーなどに参加して勉強されると、もっと経営がうまくいくのではないかと思いますね!^^V

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/tokyo/month/200710/seminar_20070631-01.html
| mami | 2007/08/13 5:09 PM |
コメントする