ライフワークであるサックス関連のおはなしと、
日々の生活で気づいたことなどをつらつらと書き溜める場所
 
<< 民間保育所、10億円不適切交付 保育士配置に不備 | main | マウスピースを新調 >>
赤ちゃん歓迎の宿泊施設−千葉房総エリア
週末に赤ちゃん(0歳)連れてドライブ(レンタカーです)&1泊を考えていたのですが、週半ばから高熱が出たり、突発性発疹が出たり、風邪も完治しない状態だったので中止にしました。

まーそのときに色々調べたことをまとめとこうと思いまして。
0歳連れ旅行を計画されている方の若干の参考にでもなれば。



ペンション 菜の花
icon

icon
icon

まず、ファミリー歓迎っていうところは要するに「もちつもたれつ」、こっちも夜鳴きとかバタバタするかもしれないけど、そっちも暖かい気持ちで利用しましょうね、と。
食事中とか、お部屋、廊下、お風呂場とかで、ヘンに気を遣わなくて良いのがいいのかなと思ったりします。
アレルギーがある子供には、アレルギー対応離乳食ありますとかいいでしょうけど、うちはまだ初期〜中期なので、「離乳食持込可」とかで瓶詰めを持っていっても構わないかなと思っています。
「ミルク用お湯」「哺乳瓶の消毒」「紙おむつ処理」あたりがあると便利なので、ピックアップしました。
基本的には和室のほうが激しい寝返りにも対応できていいのですが、このようにベビーベッドが完備されていればなんとかなるでしょうか。
ウチは寝つきが悪いので、少し洋室+ベビーベッドは避けるようにしていますが。


鴨川シーワールドホテル
icon

icon
icon

最終的にはここを予約していました。いずれにせよ鴨川シーワールドに入場する予定があるならば、各種割引券を利用するよりこちらのほうが滞在中入場OKなので、赤ちゃんのごきげんに合わせられていいかな。と。
部屋も和室、施設充実、子供が楽しめる仕掛けがいっぱいでいい感じです。赤ちゃんというよりは、もう少し大きな子供が楽しめそうです。
リンクは楽天になってますが、直接ウェブからも申し込みできます(他の予約システムにジャンプする)。そちらで申し込んだのですが、前日キャンセルということでホテルよりキャンセル料を請求されました。赤ちゃんは体調が変わりやすいので難しいですよね。


季粋の宿 紋屋
icon

icon
icon

ここはいくつかのリンクから赤ちゃん歓迎になっていたのですが、ちょっと古びた施設なのと、赤ちゃん向け施設の紹介がみあたらなかったので候補からはずしました。


ペンション グリーンクラブ
icon

icon
icon

鴨シー(鴨川シーワールド)にも近いし、料理が魅力的だったので結構候補に挙がっていましたが、普段住んでいるお部屋が狭いので、外泊くらいちょっと広めのお部屋がいいよねっていうことではずしました。あと洋室なので気軽にハイハイできないとかが、小さい赤ちゃん連れにはネックになるのかもしれません。


ペンション ケイコ(KEIKO)
icon

icon
icon

ここはペットOKだったので、まだどんなアレルギー反応を示すかわからないという点から見送り。家族風呂があるのは、自力で洗えない、着替えられない赤ちゃんの場合は分業で沐浴させることができて便利なんですが。


勝浦ホテル 三日月
icon

icon
icon

いい施設だし、一応赤ちゃん家族オススメリンクがいくつか貼られていたので候補にしていました。しかしウェブからは赤ちゃん歓迎みたいな謳い文句は無かったので足踏みしてしまいますね。お行儀のいい子に成長したら楽しめるかもしれませんが(笑)。



ランキングへ
【2005.10.31 Monday 12:04】 author : sax-ist
| 父の育児 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック